HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト発達障害について  »  発達障害の定義と診断基準(1)-ISDとDSM
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
発達障害の診断基準は、大きく分けて下記の2つです。

・アメリカ精神医学会のDSM
・世界保健機関(WHO)のICD

世界的の医療現場では
主にDSMが用いられています。

(日本では、厚生労働省がICDを使っており、
病院のレセプトにもICDコードが使用される関係で、
診断基準にICDを用いる医師も多いようです。)

DSMは、
各障害に具体的な定義・症状が示され、
「その症状が原因で職業・学業・家庭生活に支障を来している」ことが診断の条件となっているので、
仮に症状がぴったりあてはまっても、
生活に支障を来していなければ障害として認められないのが大きな特徴です。

また、カテゴリー診断が導入されており、
客観的な症状や特徴の一覧表をつくって、
「○個以上あてはまったら○○ね!」と診断する、
その分かりやすさがウケています。
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
プロフィール

チャレンジ・キッズ宝塚

Author:チャレンジ・キッズ宝塚
兵庫県宝塚市安倉にある放課後等デイサービスです。学習支援、ソーシャルスキル・ライフスキルトレーニングに加え、学校では教えてくれないお金の勉強=フィナンシャル教育にも力を入れています。

地域のお友だちとの関係や部活動も大事にしてほしいので、療育は基本的に夕方17時15分以降、21時15分まで。(学校がない日は15時15分から21時15分まで)
日曜、祝日も受け入れています。

「ただ時間いっぱい子どもを預かってほしい」だけの方には向きません。子どもたちの「今」だけでなく、未来を見据えた一歩を踏み出したいお父さん・お母さん、「ちゃんとしたいのに、できない」と途方に暮れている子どもたちの力になりたいと思っています。

http://challengebase2016.wix.com/challengekids

最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。